スキンクリームは自分の肌対策の目的にあったものを使用しましょう。

スキンクリームとは

スキンクリームとは、肌に浸透させた化粧水などの美容成分が肌から蒸発していかないように閉じ込める働きを持つものです。
そのため、基礎化粧品に使用するスキンケアの中でも一番最後に使用します。

 

スキンクリームは量を多く使用しすぎてしまうと、顔がテカってしまったり、べたついてしまったりします。

 

化粧水や美容液や乳液を使用した後、5分ほどあけてから少量のスキンクリームを肌に乗せてゆっくりと全体に伸ばし、手のひらでハンドプレスしてしっかり肌になじむようにしましょう。

 

べたつくようであれば使用量が多いということなので、自分にあった量を見つけるようにしましょう。
スキンクリームは様々な種類のものが様々なメーカーから販売されているので、自分の肌対策の目的にあったものを使用するようにしましょう。

 

 

美容液とは

美容液は基礎化粧品のひとつで、化粧水の後に使用します。
美容液は普段のスキンケアのワンランク上のケアを期待するもので、「保湿」や「しわ」などの効果を期待するものです。
美容液は化粧水のように大量に使用するものではなく、少量の美容液を目的の場所に使用します。

 

しかし、様々な美容液を重ねて使用してもその効果をすべて得ることはできません。

 

逆に肌荒れをおこす原因になってしまう事もあるので、美容液を重ね漬けするのはやめましょう。気になるものが複数あるのなら、朝と夜のスキンケアのときに使い分けをするようにしましょう。
夜には自分の肌の一番気になるところのケア用の美容液を使用するようにすると良いでしょう。

 

また、毎日ではなく、肌の調子の悪いときに使用するようにするのも良いでしょう。
美容液は基礎化粧品の中でも高価なものが多いので、自分に合った使い方をするようにしましょう。