自分の肌の色の系統を知ることで、アイシャドウ選びが楽しくなります。

自分に合うアイシャドー

アイシャドーは様々な色があり、どれが自分に似合う色なのか迷ってしまいますよね。
どんな色のアイシャドーが自分に似合うのかは、自分の肌の色の系統を知ることで選びやすくする事が出来ます。

 

 

自分の肌の系統の見極め方

日本人の肌の系統は大きく分けて2つあり、「イエローベース」「ブルーベース」かに分ける事が出来ます。

 

とはいえ、自分で自分の肌の系統を知るのはなかなか難しいものです。
そういう方は、自然の光が明るく入る場所で腕の内側を見てみましょう。

 

  • 腕の内側が黄に近いようであれば「イエローベース」
  • 色が白く青みのある色であれば「ブルーベース」

になります。

 

それでも判断の難しい方は、指の第一関節を軽く押して話して見ましょう。

  • 指の先が「オレンジに近いピンク」であれば「イエローベース」
  • 「青みがかかったピンク」であれば「ブルーベース」

になります。

 

ファンデーションを

  • 「少し黄色がかったもの」を使用している人は「イエローベース」
  • 「肌色に近いもの」を使っている人は「ブルーベース」

になります。

 

 

イエローベースの人のアイシャドー

イエローベースの肌の方には暖色系のアイシャドーがおすすめです。
色で言うと、オレンジやサーモンピンクやブラウンやカーキーなどがよいでしょう。
青みの少ない色を使用することをおすすめします。

 

ブルーベースの人のアイシャドー

ブルーベースの肌の人には寒色系のアイシャドーがおすすめです。
色で言うとホワイトやトロピカルピンクやパープルなどがよいでしょう。
オレンジ系は選ばないようにしたほうがよいでしょう。

 

 

どうしても自分に合う色がわからなければ、コスメカウンターにいる店員さんに聞いてみるとよいでしょう。メイクの仕方など細かく教えてもらう事が出来ます。

 

目の形によって自分に合ったアイシャドーの色でも、メイクの仕方によりきれいに見えないこともあります。