メイクのノリを良くするためには、日々の積み重ねと保湿を怠らないことです。

メイクのノリ

調子のいい時のお肌ほど1日のスタートが軽やかに!
けれど同じメイク用品を使っても、ちょっとしたことでお肌のコンディションは崩れてメイクのノリが悪くなってしまう。

 

メイクが上手くのらない時の対処法をご紹介。

 

 

メイクのノリとは?

 

日常的にメイクをしていると分かってくる変化があります。

  • ファンデーションが肌に密着しない
  • 小ジワや毛穴に入り込んでムラになる
  • すぐにヨレてぼやけてきてしまう
  • 口の周りや小鼻の周りに粉が吹いたようになる
  • 艶が出ないで厚塗りっぽく見えてしまう

 

メイクのノリが悪くなる季節
  • 春先は肌が過敏になるので、ノリが悪くなると感じる人が多いようです。
  • 夏は冷房による乾燥と外気の湿度の環境変化が原因に。
  • 秋は乾燥し始めたことに気付かずうっかり。
  • 冬は乾燥さえ克服すれば、意外に化粧ノリは良いようです。

 

どんな時にメイクのノリの悪さを感じる?
  • 生理前1週間は悪くなる
  • 夜更かしや寝不足の翌朝
  • スキンケアをサボリ続けると
  • 刺激物をたくさん食べた後
  • 便秘が続くと
  • ストレスが溜まっている時

 

 

肌コンディションを整える方法

メイクのノリが悪いと感じたら?
みんながやってるその日からできるお肌のケア。

 

時間がある時
  • クレンジングを丁寧にして、洗顔で肌の汚れを充分に落とす
  • 保湿パックやナイトクリームを使って栄養と水分補給
  • 温かいお湯で絞ったタオルを顔に当ててスチームパック
  • メイク前の保湿をしっかりする
  • 化粧下地を変えてみる
  • 思い切ってポイントメイクだけで様子を見る
  • ファンデーションの種類を変える
  • 肌周期に合わせて基礎化粧品やベースメイクを変えている
  • とにかく眠る

 

とりあえずその場を乗り切る方法
  • メイクの上から乳液をタッピング
  • ヨレた部分だけ、拭き取り化粧水で拭ってやり直す
  • 油分が多めだと感じた時はティッシュで押さえてルースパウダーを叩く
  • ファンデーションをコンシーラーでカバーする
  • 応急処置としてミネラルファンデを何度もたたくけど、肌のためにはお勧めできません

 

みなさんいろいろな方法を試しているようですね。
メイクのノリを良くする方法は、やはり日々の積み重ねと保湿を怠らないことが一番のようです。肌の乾燥には注意しましょう!