乳液を使わないと肌が乾燥してしまい、より肌が脂っぽくなってしまいます。

乳液

乳液は、洗顔後の化粧水の後に使用する基礎化粧品です。
「乳液はべとべとするから使用しない」という人もいらっしゃるかもしれませんが、乳液は肌に潤いを与えるだけではなく、肌の乾燥を防ぐ役割があるので、必ず使用するようにしましょう。

 

化粧水はそのほとんどは水分で出来ています。
化粧水の役割は「肌のキメを整える」ことが主であり、保湿成分を効率的に得るためにも、油分で出来ている「乳液」を使用する必要があります。

 

乳液を使わないと肌が乾燥してしまい、より肌が脂っぽくなってしまいます。
乳液は様々な種類のものが様々なメーカーから販売されています。

  • 紫外線を予防する「UVカット乳液」
  • 化粧下地として使用できる「ティント乳液」

肌のタイプ別のものなど色々あるので、自分の肌対策にあった乳液を選ぶようにしましょう。

 

 

乳液の使い方

乳液はコットンでも手のひらでも自分のやりやすい方法で使用するようにしましょう。
手のひらで乳液を使用する場合には、乳液を手のひらで温めて肌に浸透させるように使用するようにしましょう。

 

また、肌につけるときにムラにならないようにつけるようにしましょう。
脂が浮きやすいTゾーンと言われる「額」や「鼻」などは少なめに乳液を使用するようにし、乾燥しやすいUゾーンといわれる頬や口元などは少し多めに使用するようにすると良いでしょう。
Tゾーンに乳液を大量に使用してしまうとニキビなどの肌トラブルを起こす原因になる事があります。

 

また朝と夜で使用する乳液のタイプを目的によって変えてみるのも良いでしょう。
例えば、朝は化粧下地にもなる「ティント乳液」を使用するようにし、夜は肌の保湿効果の高い乳液を使用してみてはいかがでしょうか?
就寝時に保湿性の高い乳液を使用することで、翌朝には肌の改善を期待する事が出来ます。